明治33年の洪水

災害年月日
1900年07月00日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
風水害  
概要
明治33年(1900)7月、吉野川洪水。学島村の記録には、洪水による被災者を救済したことが記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川島町史編集委員会編「川島町史 下巻」(川島町、1982年)、248-249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川
NO.
徳島3992

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)7月3日、大水。北川風土記には、各地の田畑が流失したり、砂が入ったことが記されている。 続きを読む

天明6年の洪水

天明6年(1786)9月6日の洪水により、森家文書「歳々万願控帳」によると、竹口川や瀬丸川の堤防、二ノ宮や上土居の大道が破損したことが記されている。 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつのため雨乞いを実施。郡里村の村会決議録によると、雨乞い費用として、村が円願勝寺に2円を贈与する決定がなされたことが記され... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、雨台風。中心が宇和島付近から東北東に通過し、本県中西部の各河川が増水し、被害甚大であった。特に本村の被害は未曾有の大... 続きを読む