安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月5日16時35分頃、地震が発生した。高知県の被害は流家3,818軒、全壊4,815軒、破損家10,289軒、焼失家屋3,301軒、死者372人であった。この地震による被害の特徴は地震の発生時刻が夕方であったため、火災が多かったことと、宝永地震に比べて死者など被害が少なかったことである。隠見雑日記には「土佐にては一番のいたみ幡多、久礼・須崎これ二番、三番高知なりといふ」とあり、幡多地方で震害、火災、津波波害が大きかったことを示している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
間城龍男著「南海地震津波-土佐-」(土佐津波の会、1983年)、21-22頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政南海地震 津波 死者 火災 隠見雑日記
NO.
高知365

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、地震が発生した。高知県の被害は流家3,818軒、全壊4,815軒、破損家10,289軒、焼失家屋3,30... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海大地震が発生した。高知県全域の震度は宝永地震と同じ震度6の烈震と推定されている。被害の総計は流家3,818軒、全壊... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理... 続きを読む