明治30年の洪水

災害年月日
1897年09月29日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月29日夜、池田町で大洪水があり、溺死者8人、橋の流失2箇所、破損2箇所、家屋の破損41戸、流失5戸、浸水42戸、床下浸水2戸、舟の破損6隻、流失2隻の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
天羽五百枝編「池田町誌 下巻」(池田町、1962)、779頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者
NO.
徳島4063

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)7月9日、吉野川の洪水により、負傷4名、流失・崩壊家屋239戸、破損・浸水家屋2,000戸、堤防欠損2箇所、道路破損200間など... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、暴風雨と高潮により、家屋浸水164戸、半壊7戸、全壊1戸、道路流失340間、舟の破損6隻、農作物(いも、稲、粟、桑、除虫菊)... 続きを読む

明治25年7月22日の風雨

明治25年(1892)7月22日~23日、風雨、出水。/7月の風水害及び土砂災害では、死者329人(男199人、女130人)、負傷者70人(男48人、... 続きを読む

明治25年7月25日の山崩れ

明治25年(1892)7月25日、那賀郡宮浜村で山崩れ。/7月の風水害及び土砂災害では、死者329人(男199人、女130人)、負傷者70人(男48人... 続きを読む