昭和8年の台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)10月20日、大暴風雨のため、佐馬地村大字今津では住家全潰1戸、非住家全潰2棟、電柱の倒潰3、その他看板が吹き飛ばされるなどの被害が多数あった。(「徳島毎日新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 中巻」(池田町、1983年)、203頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 今津 徳島毎日新聞
NO.
徳島4091

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、暴風雨が襲来し、池田町では商店の看板が大半吹き飛ばされ、佐馬地村では電柱倒壊6本、浸水家屋数軒、道路崩壊数箇所の被害... 続きを読む

明治9年の暴風

明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。 続きを読む

安政4年の暴風

安政4年(1857)6月30日夜9ツ時より雨降り、翌朝には雨が上がったが、朝4ツ時過ぎにより風が強まり、瓦が吹き飛ばされるなどした。潰家は大松45軒、... 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む