昭和34年の大雪

災害年月日
1959年01月17日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
雪害  
概要
昭和34年(1959)1月17日朝、積雪があり、池田で25cm、佐馬地で50cmとなった。バス交通が運休したり、国鉄が遅延するなどした。(「徳島新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 中巻」(池田町、1983年)、869頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 交通混乱 徳島新聞
NO.
徳島4104

よく似た災害

平成17年12月の大雪

平成17年(2005)12月17日~18日、冬型の気圧配置が強まったため、県全域で大雪となった。徳島市では18日3時に積雪6cmを観測し、81年ぶりの... 続きを読む

昭和38年の寒波

昭和38年(1963)1月、寒波が襲来し、徳島本線が数日間運休した。(「徳島新聞」による) 続きを読む

平成8年2月の大雪

平成8年(1996)2月1日~2日、県西部の山地を中心に大雪となり、平地で南部の一部を除き積雪となった。2日の最深積雪は東祖谷村京上で30cm、半田で... 続きを読む

昭和59年1月30日の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、低気圧が四国の南岸を通ったため、大雪が降った。31日14時の積雪は池田38cm、穴吹31cm、徳島18cmで... 続きを読む

昭和59年1月30日の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、低気圧が四国の南岸を通ったため、大雪が降った。31日14時の積雪は池田38cm、穴吹31cm、徳島18cmで... 続きを読む