慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月14日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月6日より豪雨となり、8日には吉野川、祖谷川は最高の水位を示し、かつてない大洪水となった。この時には、大利込観音堂の根石まで水が達し、川崎村では人家4軒、大利村では家屋1軒が流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 豪雨 吉野川 祖谷川
NO.
徳島4121

よく似た災害

明和9年の洪水

明和9年(1772)、大洪水のため、本山寺の観音堂の縁の上を20cmもの濁水が覆い、一週間引かなかったという。 続きを読む

明和9年の洪水

image

明和9年(1772)8月21日、大洪水により、本山寺観音堂の縁の上20cm程が濁水におおわれて、その後1週間も水が引かなかった。 続きを読む

慶応2年の寅の洪水

image

慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗... 続きを読む

慶応2年の寅の洪水

image

慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗... 続きを読む

慶応2年の寅の洪水

慶応2年(1866)8月1日より豪雨が降り続き、8日夜には暴風雨となり、山々の濁水は滝のように流れ、高瀬川の堤防は各所で決壊し、大見、高瀬、吉津の村民... 続きを読む