明治32年の台風

災害年月日
1899年08月29日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月29日、大暴風雨により、人家の倒壊多く、中でも吹名では40戸のうち13戸が倒壊した。樹木の挫折、根倒れは無数で、中津の上野神社の大椋多比大師ののぞき松も根倒れとなり、倒家のため圧死者2人、負傷者3人を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿佐宇治郎編「井内谷村誌」(井内谷村、1953年)、519-520頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 上野神社 死者
NO.
徳島4142

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、暴風雨により、井川町中津の福成寺の御堂が倒壊した。 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)9月14日、暴風雨により、中津の福成寺の御堂が新築中に倒壊した。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により一宮は相当ひどい損害を被った。風速53mの強風が吹いたため、田村神社の随神門が倒壊し、組合立高等小学校も倒... 続きを読む