弘化4年の火災

災害年月日
1847年02月25日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
火災  
概要
弘化4年(1847)正月11日、辻で火の手が起こり、浜の町四つ辻付近一面の大火となった。焼失家屋は20数軒と伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山下待夫著「辻風土記」(水石社、1935年)、591頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災
NO.
徳島4192

よく似た災害

弘化4年の火災

弘化4年(1847)正月11日、三好郡辻町で出火、猛烈な西風に煽られ、延焼90戸に及んだ。(「三好郡志」による)/正月11日、大工職の妻が重能の火をか... 続きを読む

安永5年の大火

安永5年(1776)11月13日夜、津田浦大火により、損害は延焼130戸、船2隻焼失。(「高松藩記」による)この時、山口町、伊勢町、船町にかけ一面の海... 続きを読む

昭和10年の下鍵山の火災

昭和10年(1935)6月27日午前0時30分、下鍵山地区十字路より出火、町の大半を焼失して、午前3時30分に鎮火した。焼失家屋は住家54戸、非住家1... 続きを読む

昭和10年の下鍵山の火災

昭和10年(1935)6月27日午前0時30分、下鍵山地区十字路より出火、町の大半を焼失して、午前3時30分に鎮火した。焼失家屋は住家54戸、非住家1... 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)10月6日午の刻(正午)頃、北奉公人町1丁目から出火し、西風にあおられて大火となった。「南路志」ではこの火事で町中でやっと13軒... 続きを読む