貞観8年の風水害

災害年月日
0866年05月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
貞観8年(866)4月、阿波国風浪、百姓飢饉。阿波国8万束を借し、民を救う。(「三代実録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1036頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害 飢饉 三代実録
NO.
徳島4259

よく似た災害

貞観8年の風水害

貞観8年(866)4月、阿波国で風水害。三代実録には「尾張・阿波両国風浪、百姓飢饉、尾張正税稲六万束、阿波国八万束を借し、民を救う云々」と記されている... 続きを読む

貞観8年の風浪

貞観8年(866)4月、阿波国風浪、百姓飢饉。阿波国8万束を貸し、民を救う。(「三代実録」による) 続きを読む

貞観8年の風波

貞観8年(866)4月7日、風波により、尾張、阿波両国、風浪百姓飢饉。尾張国正税稲6万束、阿波国8万束を借し、民を救う。6月天下大干、飢餓多し。(「三... 続きを読む

貞観8年の風波

貞観8年(866)4月7日、風波により、尾張、阿波両国、風浪百姓飢饉。尾張国正税稲6万束、阿波国8万束を借し、民を救う。6月天下大干、飢餓多し。(「三... 続きを読む

貞観8年の台風

貞観8年(866)4月、尾張・阿波の両国が暴風雨のため洪水に逢い、百姓が飢饉に苦しんだ。阿波国では民の疲弊を救うため正税8萬束を借り出した。(「三代実... 続きを読む