安政4年の台風

災害年月日
1857年09月17日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)7月29日から大暴風雨となり、潰家多く、怪我人が多数出た。足代村の教法寺の記録には「三好地方の里人も頗る肝をひやした」と記されている。また、辻風土記には「七月二十九日四ツ時から吹き出して八月朔日朝五ツ時分まで意外の大風雨が打ち続いたので、前代未聞と驚き、五十年以来の大洪水じゃと云う処から(八朔水)と称している。中村浜側から野津後島一帯、辻町家の浸水あり」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1038頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 教教寺 辻風土記 八朔水
NO.
徳島4269

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に大震、11日、15日、25日及び12月12日、14日に強震があり、その間余震が続いた。蜂須賀家記には「封内の人家... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4ツ時から風が吹き出し大雨も降り出して、8月1日朝5ツ時分まで打ち続いた。八朔水と呼ばれる。(「三好郡誌」による) 続きを読む

安政2年8月の台風

image

安政2年(1855)8月20日、土佐大風により、所々破損。(「日本災異誌」による)大変異記には「風雨、波海岸を洗う」と記されている。真覚寺日記には「五... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4ツ時から吹き出して、8月朔日朝5ツ時まで大風雨が打ち続き、50年来の大洪水ということから「八朔水」と言い伝えられている... 続きを読む

宝暦元年閏6月18日の台風

宝暦元年(1751)閏6月18日、風水。田野文化史-福留喜惣太手記には「17日夜より大暴風雨大破、18日夜田野に水入り人々西福寺や岡地へ逃る。18日よ... 続きを読む