大正7年の豪雨

災害年月日
1918年07月24日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)7月24日、豪雨により、家屋の全壊4棟、半壊1棟。(曽我部房一談による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1040頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨
NO.
徳島4284

よく似た災害

大正4年の豪雨

大正4年(1915)8月28日午後11時、豪雨のため、中庄山路で山崩れあり、家屋の全壊8棟、半壊12棟、埋没1棟に及んだ。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月24日、暴風雨により、中庄山路で山崩れのため、家屋の全半壊155戸、死者1人の被害が出た。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、雨量186ミリを記録。八幡浜、宇和島方面に集中豪雨。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正7年の豪雨

大正7年(1918)7月4日、豪雨により東予の雨量150ミリ。 続きを読む

大正12年の豪雨

大正12年(1923)7月11日、豪雨により、中南予で被害甚大。 続きを読む