昭和20年の真光寺の火災

災害年月日
1945年01月29日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
火災  
概要
昭和20年(1945)1月29日、貞光町の真光寺で火災が発生し、大阪から疎開していた児童15人が焼死。
地理院地図
Googleマップ
備考
真光寺には十六地蔵尊が建立されている。また、貞光小学校には、平成17年に南恩加島小学校から寄贈された「十六地蔵尊に由来する平和を願う鐘」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1046頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 真光寺 疎開児童 焼死
NO.
徳島4303

よく似た災害

昭和20年の真光寺の火災

image

昭和20年(1945)1月29日夜8時、真光寺本堂で火災が発生した。この火災で、疎開中の大阪市北区南恩加島国民学校3・4年生29人中、16人が焼死した... 続きを読む

昭和20年の火災

image

昭和20年(1945)1月29日夜、美馬郡貞光町の真光寺本堂から出火し、本堂が全焼した。この火事で、当時、同寺本堂に疎開していた大阪市大正区の南恩加国... 続きを読む

明治8年12月の山火事

明治8年(1875)12月、上灘村大字上灘字日ノ地で原因不明の火災が発生し、山林20町歩余焼失した。消防従事中の6人が焼死した。 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月30日午前2時すぎ、暴風雨により、大阪から中国大連に向かっていた愛宕山丸(3,946トン)が志度町小田釜居谷の岩礁に座礁した。... 続きを読む

嘉永6年の火災

嘉永6年(1853)12月21日、石仏村で火事が発生し、7軒が焼けた。(「北谷繁蔵記録」による) 続きを読む