明治37年の火災

災害年月日
1904年12月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
火災  
概要
明治37年(1904)12月、中庄の山路から出火し、焼失家屋6棟、原因は子どもの火遊び。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1047頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 中庄
NO.
徳島4308

よく似た災害

明治43年の大火

明治43年(1910)12月28日、子どもの火遊びにより、浜納屋から出火し、数十軒の納屋と港畔の老松が全焼となった。 続きを読む

明治43年の火災

明治43年(1910)12月、中庄の井出渕から出火し、南西風に煽られて翌朝まで燃え続き、類焼5戸(16棟)焼失。 続きを読む

昭和28年1月の山火事

昭和28年(1953)1月1日、為松公園で山火事。子供の火遊びが原因。 続きを読む

昭和28年2月の山火事

昭和28年(1953)2月2日、不破の庄屋谷で山火事。子供の火遊びが原因。 続きを読む

明治27年4月28日の火災

明治27年(1894)4月28日夜、徳島市滝(眉山町)の太子堂をはじめ8棟を焼失し、29日2時に鎮火した。出火の原因は放火に違いない。(徳島日日新聞に... 続きを読む