明治43年の火災

災害年月日
1910年12月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
火災  
概要
明治43年(1910)12月、中庄の井出渕から出火し、南西風に煽られて翌朝まで燃え続き、類焼5戸(16棟)焼失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1047頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 中庄
NO.
徳島4311

よく似た災害

弘化4年の火災

弘化4年(1847)1月11日、辻町で火事、猛烈な西風に煽られ、延焼90戸。(「三好郡誌」による) 続きを読む

弘化4年の火災

弘化4年(1847)1月11日、三好郡辻町で火事、猛烈なる西風に煽られ、延焼90戸。(「三好郡志」による) 続きを読む

明治27年4月22日の火災

明治27年(1894)4月22日午後3時10分頃、徳島市寺町より出火し、東南の風に煽られて4寺16棟を焼失し、午後6時に鎮火した。(「徳島警察署沿革誌... 続きを読む

元禄7年の別子銅山の火災

image

元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竈場から出火し、烈風にあおられて燃え広がり、午後3時頃まで燃え続けた。全山の施設のほとんどを焼失... 続きを読む

弘化4年の火災

弘化4年(1847)正月11日、三好郡辻町で出火、猛烈な西風に煽られ、延焼90戸に及んだ。(「三好郡志」による)/正月11日、大工職の妻が重能の火をか... 続きを読む