弘化4年の洪水

災害年月日
1847年08月23日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
弘化4年(1847)7月13日8ツ時より大風雨となって、15日8ツ時まで降り続き、所々の谷が大破損した。14日は19年以前の丑の年以来の大水であった。(「教法寺過去帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、285-286頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 教法寺過去帳
NO.
徳島4316

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4つ時分より8月1日朝5ツ時分までことのほか大風雨となり、吉野川は50年以来の大水である。(「教法寺過去帳」による) 続きを読む

弘化4年の大雨

弘化4年(1847)7月13日8ツ時より大雨に風が伴い、15日8ツ時まで降り続き、谷々大損。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

弘化5年の長雨

弘化5年(1848)2月より毎日雨降りで、1ヶ月に晴天は4、5日で、不作。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

弘化5年の大雨

弘化5年(1848)6月上旬より大雨降り続き、山崩れ、材木痛み、8月大風のため煙草も不作で上納致しかねる。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

弘化5年の長雨・大雨

弘化5年(1848)2月より毎月雨が降り続き、1ヶ月に4、5日晴れるくらいである。このため、不作で人々は困窮した。6月上旬より大雨が降り続き大水となり... 続きを読む