嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月27日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月10日、11日、大風雨。40年来の大洪水で、山分は大風で、作柄大損害。徳島でも大水で死者は夥しい。三好郡代所には250人の死亡の届けがあった。この大水は「安房水」と言われた。(「教法寺過去帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、286頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 死者 安房水 教法寺過去帳
NO.
徳島4317

よく似た災害

嘉永2年7月の洪水

嘉永2年(1849)7月、40年来の大水のため、郡代所内で死者250人。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月8日~11日、旧吉野川の坂東で100間が破堤、水位は地上平均7尺と言われた。三好郡代所の調べでは死者250人。阿房水という。 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月8日の大風雨、11日まで続き、水は勝瑞城下に溢れ、人家漂流没す。(「蜂須賀家記」による)/「酉の水」または「阿房水」と呼ばれ、... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日から11日にかけて、大風雨、大洪水のため、辻町内は大浸水の害をこうむったが、人畜の害はなかった。これは「阿房水」と呼ばれ... 続きを読む

嘉永5年の風雨

嘉永5年(1852)7月、風雨、出水。子の大水という。(「三好郡誌」による) 続きを読む