大正元年の集中豪雨

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月23日、3日間にわたる集中豪雨により、三野村では美馬郡境の高瀬谷や清水地区の西の箸ヶ谷が増水し、なかでも明治中期に築いた高瀬谷の堤防が危険になった。村民全員が駆けつけ堤防を守る努力をしたが、ついに清水の北庵の東の堤防が決壊し、中組・南組一帯を河原と化した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、441頁及び444頁及び856頁及び1182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 高瀬谷 箸ヶ谷 清水 堤防決壊
NO.
徳島4322

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、台風による集中豪雨のため、清水では東の高瀬谷と西の箸ヶ谷が増水し、特に高瀬谷では明治中頃に気づいた堤防が3日夕方から危険にな... 続きを読む

昭和25年の集中豪雨

昭和25年(1950)8月6日午後1時頃から豪雨となり、わずか3時間ほどの間に谷川の水は増水し、貯水池の堤防が危険になり、警防団が非常招集された。川島... 続きを読む

平成元年の集中豪雨

平成元年(1989)8月30日、県東部は記録的な集中豪雨に見舞われ、時間雨量は午前7時~8時が106ミリ、8時~9時が114ミリを記録した。豪雨による... 続きを読む

大正2年の集中豪雨

大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、平城でも家屋の浸水があった。 続きを読む

大正9年の宇多津町役場庁舎の火災

大正9年(1920)1月22日午前4時頃、宇多津町役場小使室より出火し、強風にあおられて大火となった。消防夫が駆けつけたときには既に手の着けようもない... 続きを読む