大正11年の旋風

災害年月日
1922年08月02日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
大正11年(1922)8月2日正午頃、清水でにわかに空が曇り、雨乞山から夕立がくるような現象が起こり、清水・加茂野宮地区の小麓、砂磧地付近で黒雲のロート状となった。旋風の被害は住家の全壊13棟、半壊8棟、非住家の全壊9棟、半壊7棟、屋根瓦、塀その他の被害を受けた戸数200戸、死者2人、重傷者8人、軽傷者2人、農作物の被害10数町歩に及んだ。荒神社にあった周囲2丈の銀杏の木や7、8尺の椋の木は、枝も木の葉ももぎ取られ枯れ木のようになっていた。小冊子「三野町之旋風」が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、442-444頁及び857頁及び1179-1182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
旋風 清水 死者 荒神社 三野町之旋風
NO.
徳島4323

よく似た災害

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日14時頃、三好郡三好町に竜巻が発生し、移動途上の住家を倒し、多数の死傷者を出した。被害は住家の全壊13戸、半壊8戸、非住... 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日14時頃、三好郡三好町に竜巻が発生し、移動途上の住家を倒し、多数の死傷者を出した。被害は住家の全壊13戸、半壊8戸、非住... 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日14時頃、三好郡三好町に竜巻が発生し、移動途上の住家を倒し、多数の死傷者を出した。被害は住家の全壊13戸、半壊8戸、非住... 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日、三野町清水で旋風が起こり、家屋の全壊13棟、半壊8棟、死者2人、負傷者10人の被害が出た。 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日正午より、清水村では一天にわかにかき曇り、雨乞山から夕立がくるような現象が起きたかと思うと、西の滝谷付近から一大音響が聞... 続きを読む