明治22年の台風

災害年月日
1889年08月19日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
明治22年(1899)8月19日、暴風豪雨、40年来の大水。これ分割により山林伐採の結果なり。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、443頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 山林伐採
NO.
徳島4324

よく似た災害

明治22年の台風

明治22年(1899)8月19日、暴風雨が24時間小止みなし、避病舎が破損し、赤痢患者27人が地福寺の納屋に避難した。40余年来の大水で、山林伐採の結... 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)8月以来、旱天が続き、降雨量は平年の5割以下で、加えて山林伐採の跡地では植林、手入れ等を閑却し、谷水が枯渇し、飲料水にも事欠いた... 続きを読む

明治26年の水害

明治26年(1893)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治29年の水害

明治29年(1896)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む

明治34年の水害

明治34年(1901)、重信川で水害。重信川では明治期に鉄砲水による水害が相次いだが、その原因は廃藩置県以後の山林伐採であると伝えている。(「重信町誌... 続きを読む