明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月、洪水により、県下で死者329人、家屋の全壊2,635戸、流失644戸。天皇、皇后より御見舞いの勅使。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、443頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者
NO.
徳島4326

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月3日、前日より降り出した雨により、地蔵川西堤防が大板屋南部で決壊し、住宅5戸が流失した。明治天皇から見舞金が下賜され、大板屋... 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月29日、台風により、六條堤防決壊、300間破堤。月内の雨天は徳島で23日間続いた。吉野川出水に天皇・皇后両陛下より御下賜金。... 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月29日、台風により、吉野川出水。雪内の雨天は徳島で23日に達した。天皇・皇后両陛下より御下賜金1,200円。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が愛媛県東部を通過したため、県下の被害は死者340人、負傷者971人、行方不明9人、全壊家屋2,751戸、船流失... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月、稀有の洪水により、相当大きな被害があったが、記録がないので詳説することができない。ただし、洪水に伴う井堰堤防などの決壊、川... 続きを読む