明治29年の台風

災害年月日
1896年08月30日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日、暴風雨により、各地で橋の落下多し。死者1人、家の倒壊11戸、流失2戸。池田で178ミリ/日。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、443頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
徳島4330

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨、各地で橋の落下多し。池田で178ミリ/日。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等に... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨のため、県下各地で河川の氾濫、高潮による堤防の決壊、家屋の倒壊・流失、田畑の流失、船舶の破損等多大な被害を受け... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月28日、大暴風雨により、家屋の倒壊多し。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、銅山流れ。大暴風雨により、人家の倒壊多く、井川町では倒家による圧死者2人。井内吹では40戸のうち13戸倒壊。宮中より... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、大暴風雨により、人家の倒壊多く、中でも吹名では40戸のうち13戸が倒壊した。樹木の挫折、根倒れは無数で、中津の上野神... 続きを読む