大正12年の水害

災害年月日
1923年07月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月、吉野川増水。池田町の白地渡船場で11日12時に1丈9尺(約5.7m)。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、444頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 吉野川 白地渡船場
NO.
徳島4344

よく似た災害

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月、吉野川増水、池田町の白地渡船場で11日12時に1丈9尺(5.8m)。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、連日の降雨のため、吉野川は増水し、白地渡船場で午後12時に1丈9尺を記録した。被害は山城谷村字猫坊付近の国道の崩壊1... 続きを読む

昭和9年9月の水害水害

昭和9年(1934)9月10日、吉野川増水、池田で13尺(約3.9m)の増水。池田町で架橋中の池田橋が崩れる。 続きを読む

明治42年の水害

明治42年(1909)4月7日、低気圧による雪解け水で、6、7尺(約2m)増水。井川町の辻渡船場では渡船が転覆し、17人が水死。 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、暴風雨が襲来し、池田町では商店の看板が大半吹き飛ばされ、佐馬地村では電柱倒壊6本、浸水家屋数軒、道路崩壊数箇所の被害... 続きを読む