昭和3年の台風

災害年月日
1928年08月30日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)8月30日、台風により、三野巡査部長派出所が床上浸水1尺となり、付近の住居も多数浸水した。三加茂町江口では家が流され、溺死者が出た。三好郡で家屋浸水159戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、571-573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 派出所 溺死者
NO.
徳島4345

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月29日夜半からの大雨により、30日朝には吉野川は増水し、井内谷川の洪水を伴い、警鐘が響く中、市河原及び浜の町は浸水した。この日... 続きを読む

平成9年7月の大雨

平成9年(1997)7月6日~11日、梅雨前線が停滞したため、徳島県では南部から西部にかけて山地を中心に大雨となった。6日~7日に高速船が欠航し、山腹... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号による大雨のため、徳島線の阿波山川・川田間では道床流出、川田・穴吹間では土砂流入、阿波半田・江口間では土... 続きを読む

明治32年7月の洪水

image

明治32年(1899)7月、大洪水により、三加茂町内で流出家屋11戸、田畑数十町歩が磧となる大被害が発生した。当時の三庄村村長の国安邦太郎は堤防建設を... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分、M8.4のわが国最大級の地震が紀伊半島沖で起きた。津波により、宍喰では家屋や蔵、漁具などが流され、男女1... 続きを読む