昭和5年の土佐水

災害年月日
1930年07月18日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
昭和5年(1930)7月18日、土佐水により、吉野川が急に増水したため、池田町の島の瀬(県立三好病院の北側の瀬)で男性が濁流に押し流されたが、漁船に救助された。(「徳島毎日新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、572-573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
土佐水 吉野川 島の瀬 徳島毎日新聞
NO.
徳島4347

よく似た災害

昭和3年9月の洪水

昭和3年(1928)9月12日、勝浦川が増水し、大宮橋の橋板引き上げ作業中の人が濁流に押し流され、翌日津田で水死体で発見された。(長田八百三氏日記、横... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、春日川の増水により、畔の水車小屋で荷揚げ作業をしていた人が濁流に押し流され、屋根に乗って助けを求め叫んだが、ついに下流に消えた... 続きを読む

明治44年の土佐水

明治44年(1911)8月16日、吉野川で大洪水。「土佐水」と言われた。徳島県での雨がそれほどでなかったのに、吉野川に異常な洪水が出たためであろう。 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)、洪水のため園瀬橋の流出を警戒中の消防手が濁流に流されて殉職した。 続きを読む

昭和3年の土石流

昭和3年(1928)8月30日午前10時頃、夜来の暴風雨のため、筏木の山が大音響とともになだれ落ち、土石流のため一家8人が吉野川に押し流された。人々が... 続きを読む