昭和6年の豪雨

災害年月日
1931年06月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)6月、豪雨により、井川町西の谷の昭和橋に約1尺の水がのる。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 昭和橋
NO.
徳島4351

よく似た災害

昭和10年9月の豪雨

昭和10年(1935)9月24日、豪雨により、三好橋の水位50尺(約15.2m)。 続きを読む

昭和37年7月の豪雨

昭和37年(1962)7月5日、豪雨のため、池ノ谷の堤塘崩壊。 続きを読む

昭和37年6月の豪雨

昭和37年(1962)6月7日~10日、豪雨により、県下全域で被害を受けた。また、12日~16日、豪雨により、東予、南予で被害が出た。さらに、24日、... 続きを読む

昭和32年7月の豪雨

昭和32年(1957)7月2日、豪雨により、中・東予でかなりの水害があった。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和52年の豪雨

昭和52年(1977)6月16日~17日、豪雨により災害。平野部で100ミリの豪雨。 続きを読む