大正2年の洪水

災害年月日
1913年00月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
大正2年(1913)、吉野川の大洪水、河内谷の氾濫により、東川原の被害大。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、856頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 河内谷 東川原
NO.
徳島4374

よく似た災害

大正6年の洪水

大正6年(1917)、吉野川の大洪水、河内谷の氾濫により、東川原の被害大。 続きを読む

明治33年の洪水

明治33年(1900)、吉野川の大洪水、河内谷での氾濫で東川原埋まる。 続きを読む

大正9年5月の台風

大正9年(1920)5月7日、暴風雨により、風速20.0m/秒、雨量150ミリを記録。河川の氾濫、農作物の被害大。(「愛媛県史」による) 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、吉野川、井内谷川氾濫。徳島線下り終列車が井川町赤坂鉄橋の手前で転覆脱線、死傷者なし。吉野川上流で600ミリ/日の豪雨... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月10日、キジア台風により、吉野川、河内谷が大氾濫、堂の谷他の小河川の氾濫・鉄砲水により太刀野地区で被害大。 続きを読む