昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月26日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月26日夜半、台風15号(伊勢湾台風)が潮岬西方に上陸し、紀伊半島を縦断して、富山県を通り、日本海に出た。この台風により、各河川は大出水となり、各地に大きな被害が生じた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山城町20年史編集委員会編「山城町二十年史」(山城町、1978年)、408頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風 洪水
NO.
徳島4401

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)8月8日の台風6号(伊勢湾台風、930ミリ)、伊勢湾を中心に中央日本に甚大な被害を与えたが、本県は東部海岸に大波が打ち寄せ、被害... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月、伊勢湾台風により、都呂は大災害に見舞われた。高潮で海岸が激浪に洗われ、家屋が多数倒壊し、死者2人を出し、漁船の流出・大破3... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月、伊勢湾台風により、台風による洪水では最近で最も甚大な被害を受けた。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)が襲来し、東海岸は大波により相当の被害が出た。この記録は、当時、室戸岬町鹿岡鼻から南を担当し... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)、伊勢湾台風により、高知県東部の海岸線は大被害を受けた。 続きを読む