明治40年の洪水

災害年月日
1907年09月06日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)旧7月29日、30日、大洪水。増水位は、明治32年の洪水より数尺低かった。
地理院地図
Googleマップ
備考
旧暦7月29日は新暦では9月6日である。
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島4437

よく似た災害

明治6年10月の洪水

明治6年(1873)10月3日、吉野川、那賀川ともに洪水。羽ノ浦町妙見・岩脇間で堤防決壊、慶応2年寅の大水と同じ水位。板野郡では寅の水位が1尺低かった... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)、寅年の大水が発生した。この年の大水は嘉永2年の洪水よりも約1尺水嵩が高かった。鯛浜村だけで溺死者が17、18人という。 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月7日より大雨が降り、8日は中喜来一帯が洪水となった。堤防の破損箇所は43箇所、長さ約500mにわたり、土橋が19箇所流失した。... 続きを読む

明治23年の台風

image

明治23年(1890)9月9日から11日にかけて、大暴風が襲来した。豪雨により大洪水となり、田畑の流失、稲作の被害、橋梁流失等の被害をこうむった。中村... 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月7日風雨起こり、8日出水。嘉永2年(1849)以来の洪水で、同年に比べて1、2尺低かった。(「中村町史」による)大内町史には「... 続きを読む