貞享2年の火災

災害年月日
1685年04月29日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
火災  
概要
貞享2年(1685)3月26日夜、新町から出火し、翌日、淡路町(現在の秋田町付近)まで延焼し、家数467軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、430頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 新町 阿淡年表秘録
NO.
徳島4974

よく似た災害

元禄元年の火災

元禄元年(1688)正月26日夜、大工町から出火し、西船場まで延焼し、翌朝鎮火した。家数261軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

延宝3年の火災

延宝3年(1675)3月2日夜、内町から出火し、新シ町(現材の中通町1丁目付近)、魚ノ店(現在の幸町付近)まで、家数およそ154軒が焼失した。(「阿淡... 続きを読む

天保10年4月の火災

天保10年(1839)4月6日戌中刻(午後8時頃)、海部郡奥河内村より出火、日和佐浦に類焼し、家数320軒が焼失し、丑中刻(午前2時頃)鎮火した。(「... 続きを読む

寛延2年の火災

寛延2年(1749)8月14日夜、海部郡西由岐浦の民家より出火し、家数139軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

天保5年の火災

天保5年(1834)2月21日午刻(正午頃)、海部郡木岐浦の民家より出火し、家数158軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む