明治21年の津波

災害年月日
1888年08月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
明治21年(1888)8月、「橘浦村史」によると、「橘に津波が襲来、高さ十尺に達する」と記されている。この時、地震発生の記録はなく、詳細は不明である。
地理院地図
Googleマップ
備考
明治21年(1888)8月には暴風雨が発生しているので、津波は地震によるものではなく、高波または高潮のことであるとも考えられる。
参考文献
鵠津波を語り継ぐ会編「地震津波体験の記録 恐怖の大津波」(鵠津波を語り継ぐ会、2003年)、
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
津波 橘浦村史
NO.
徳島235

よく似た災害

寛文元年の地震

寛文元年(1661)11月19日、大地震が発生したと伝えられているが、古文書等の記録が残っていないので、詳細は不明である。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、稀有の洪水で、大きな被害のあったことは事実であるが、記録がなく詳細は不明である。田地の荒廃と堤防の決壊が主で、農作物の被害は少... 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月4日、幻の津波。宍喰で3,700余人の死者を出したと地元の記録にあるが、他の地では記録が見つかっていないため「幻の津波」とされ... 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月、宍喰浦に津波が襲来したことが「宍喰浦旧記」に記されている。これによると、特に被害が大きかったのは宍喰浦のうち南町で、3,70... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月10日及び25日、台風により、宮窪でも多大の被害があった。詳細は不明であるが、友浦上の浜、大崎、鹿老渡では田畑、家屋の流失が... 続きを読む