文政7年の火災

災害年月日
1825年01月30日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
火災  
概要
文政7年(1824)12月12日卯刻(午前6時頃)前、東新町より出火し、西北の風が激しく大火となり、富田町、大工町などを焼き尽くし、未刻(午後2時頃)鎮火した。総竈数932軒、土蔵24箇所を焼失した。(「阿淡年表秘録」による)江戸時代の阿波国における火災のうち最も大きい被害を生じた。/この火災について「元木氏記録」の記事も掲載されているが、この記録によると火の原因は高松の牢から出獄した盗賊の仕業のように受け取れる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、439頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 新町 阿淡年表秘録 元木氏記録
NO.
徳島5004

よく似た災害

天保14年の七夕水

天保14年(1843)7月6日~7日、激しい降雨で吉野川をはじめ各河川はあふれて出水になった。「七夕水」と呼ばれた。この水害については「元木氏記録」、... 続きを読む

天保4年の火災

天保4年(1833)11月8日晩4ツ時(午後10時頃)、名東郡西黒田村で出火し、大風により竈11軒、棟数30余焼失した。(「元木氏記録」による) 続きを読む

天明2年の火災

天明2年(1782)正月7日暁、紙屋町より出火、稲田屋敷、賀島屋敷が類焼し、内町は大火となり、さらに飛び火により富田浦の中園は焼失した。(「阿淡年表秘... 続きを読む

弘化元年の火災

弘化元年(1844)10月5日晩4ツ前(午後10時頃)、西船場付近より出火し、6日7ツ時(午前4時頃)に鎮火した。この時には御家中数百人が駆けつけ、防... 続きを読む

明治3年4月の火災

明治3年(1870)4月11日夜9ツ時(午前0時)、徳島古物町(徳島市南新町)付近より出火し、竈数100軒を焼失した。(佐々木氏記録「萬覚帳」による)... 続きを読む