天保3年の火災

災害年月日
1832年10月30日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
火災  
概要
天保3年(1832)10月7日、海部郡浅川浦で出火し、家数75軒を焼失した。(「海部郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、440頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 浅川浦 海部郡誌
NO.
徳島5007

よく似た災害

天保3年の火災

天保3年(1832)10月7日、海部郡浅川浦より出火、75戸焼失。(「海部郡誌」、「池内氏系図書」による) 続きを読む

嘉永元年の火災

嘉永元年(1848)9月12日夜、浅川浦より出火し、家数38軒、納屋18軒、合計56軒を焼失した。(「海部郡誌」による) 続きを読む

天保5年の火災

天保5年(1834)2月21日午刻(正午頃)、海部郡木岐浦の民家より出火し、家数158軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

明和元年の火災

明和元年(1764)11月19日辰刻(午前8時頃)、海部郡の民家から出火し、家数116軒を焼失し、巳刻(午前10時頃)鎮火した。(「阿淡年表秘録」によ... 続きを読む

天保10年4月の火災

天保10年(1839)4月6日戌申刻(午前8時頃)、奥河内村より出火、日和佐浦に類焼し、家数320軒を焼失し、丑申刻(午前2時頃)鎮火した。(「阿淡年... 続きを読む