嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月27日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月8日~10日、豪雨のため国内の河川からあふれて大水となった。「酉の水」または「阿房水」と呼ばれた。この水害については「三好郡志」、「川内村史」の記事が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、455頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 酉の水 阿房水
NO.
徳島5133

よく似た災害

天保14年の七夕水

天保14年(1843)7月6日~7日、激しい降雨で吉野川をはじめ各河川はあふれて出水になった。「七夕水」と呼ばれた。この水害については「元木氏記録」、... 続きを読む

嘉永2年の阿房水

嘉永2年(1849)7月10日、阿房水。(「馬路川洪患志」による)三好郡内では死者250人。(「三好郡志」による) 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月10日、酉の水または阿房水。/7月8日大風雨、11日に至る水城下に溢れ人家漂没す。藩士の録10分の3を収むるを免じ、吉凶の礼を... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月10日、酉の水または阿房水。/7月8日大風雨、11日に至る水城下に溢れ人家漂没す。藩士の録10分の3を収むるを免じ、吉凶の礼を... 続きを読む

嘉永2年の風雨

嘉永2年(1849)7月10日、酉の水または阿房水。/7月8日大風雨、11日に至る水城下に溢れ人家漂没す。藩士の録10分の3を収むるを免じ、吉凶の礼を... 続きを読む