宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午後0時30分、M8.4のわが国最大級の地震が紀伊半島沖で起きた。津波により、宍喰では家屋や蔵、漁具などが流され、男女11人が溺死した。鞆浦では津波の高さは約3mで、3回にわたり襲ったが、死者はなかった。浅川では津波高は9mに達し、140人が溺死するとともに、家屋は全滅し、千光寺だけが残った。牟岐では寺や民家が700戸余流され、110人の溺死者が出た。橘では野村家伝来記によると、戎山で津波高が3m余となり、橘湾の湾奥部はかなりの被害を受けたことが分かる。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦には宝永の津波碑がある。また、浅川の観音堂には宝永津浪の碑がある。
参考画像

参考文献
猪井達雄、澤田健吉、村上仁士著「徳島の地震津波-歴史資料から-」(徳島市立図書館、1982年)、38-47頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
徳島251

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後2時、大地震が起こった。山は落ちて丘となり、川は埋まり、家が倒れ、下敷きになって死傷した人畜は数知れなかった。地震の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、南海大地震。いわゆる亥の大変と呼ばれる大地震で、土佐の国中で津波のため1,844人が死亡した。谷陵記によると「上ノ加江亡所... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。徳島県では、宍喰で11人が流死し、浅... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。宍喰浦旧記によると、10月4日巳下刻に大地震があり、人々が愛宕山に逃げ上っていると... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。鞆浦北町の宝永地震津波の大岩碑には丈余(約3m)の津波が3回来襲したが、地震後に津波が来るという言い伝... 続きを読む