昭和9年の火災

災害年月日
1934年07月08日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
火災  
概要
昭和9年(1934)7月8日午前11時58分頃、三好郡池田町大道3丁目から出火、西北風にあおられ火は八方に広がり、池田町繁華街は火の海と化した。池田署管内12ヶ町村、貞光・脇町両警察署管内の消防組2,000人が出動し、また箸蔵村に演習に来ていた善通寺工兵第11大隊約60人も消火に従事し、破壊消防を行い、午後3時に鎮火した。この火災で池田町の中心部の住家51戸、非住家5戸を焼失した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、1154頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 池田町大道 消防組 善通寺工兵大隊 破壊消防
NO.
徳島5225

よく似た災害

昭和9年の大火

昭和9年(1934)7月8日正午、池田町大通3丁目から出火、干天続きで家屋は乾燥し切っている上、上水道は枯渇し断水していたため、火の手は西北の風にあお... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月18日、台風、洪水により、善通寺工兵大隊による中央橋の大半が流失。 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月18日、台風、洪水により、善通寺工兵大隊による中央橋の大半が流失。 続きを読む

昭和9年の大火

昭和9年(1934)7月8日正午、池田町大通3丁目から出火、西南風にあおられ、火の手は八方に拡がり、大通り及び宗安通りの繁華街は火の海と化した。連日の... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、池田町矢塚通から出火、西北風にあおられ、矢塚通両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全焼した。損害は... 続きを読む