昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日に起こった昭和南海地震の地震・津波により、徳島県では甚大な被害を受けており、県南部を中心に南海地震体験談がとりまとめられている。この研究では、徳島市、阿南市、由岐町、日和佐町、牟岐町、海南町、宍喰町の体験談から、地震動に関する記述を抽出し、体感震度の評価、計測震度の推定等を行っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
黒崎ひろみ・中野晋・大奈健・川田一昭・村上仁士「体験談に基づく昭和南海地震の震度評価とそのばらつき」(歴史地震研究会編「歴史地震No.22」歴史地震研究会、2007年、所収)、195-202頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 体験談 体感震度
NO.
徳島288

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この論文では、愛南町の久良小学校の協力のもと、全児童51人に対して昭和南海地震などの地震体験談... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生した。南海地震防災を考える上で、過去に起きた地震のアスペリティの位置を捉えておくことが重要である。この研究では、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖を震源とするM8.0の大地震が起こった。地震から10分余後に津波が襲来し、人々は愛宕山などに避難したが... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む