安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震が発生した。これまで安政南海地震による鳴門市周辺の被害実態は十分には明らかにされていなかったが、平成19年(2007)に鳴門市撫養町で安政南海地震の被害状況を記した古文書「四国地震記」が発見された。この記述者は当時医師であった天羽一郎と推測されている。この研究では、既存の史料に「四国地震記」を加えて、安政南海地震による鳴門市周辺における地震・津波被害を抽出し、震度分布、液状化現象、火災、津波による被害実態を解明している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
井若和久・田邊晋・山中亮一・上月康則・松下恭司・村上仁士「徳島県鳴門市周辺における安政南海地震の震度分布」(歴史地震研究会編「歴史地震No.23」歴史地震研究会、2008年、所収)、121-130頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 四国地震記 天羽一郎 津波 火災
NO.
徳島290

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震・津波が宍喰を襲った。この時の状況を、当地の元組頭庄屋・田井久左衛門宣辰が「震潮記」に克明に書き残している... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑(土佐... 続きを読む