明治27年の台風

災害年月日
1894年09月11日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸から米子付近に抜けた。この台風襲来に先立ち、吉野川流域に10日午前に大雷雨があり、徳島では6時から14時までに280ミリの大降りとなったので氾濫した。10日の雨量は徳島289.2ミリ、撫養222ミリ、11日の雨量は川島128ミリ、市場115ミリ、12日の雨量は石井225ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 水害
NO.
徳島5665

よく似た災害

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、台風が宮崎の海岸から米子付近に抜けた。この台風襲来に先立ち、吉野川流域に10日午前に大雷雨があり、徳島では6時から1... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月、台風により、明治23年(1890)以来の洪水となった。中村町の高地にある京町、中ノ町、市ノ辻辺りまで床下浸水。(「中村町風... 続きを読む

明治28年8月の台風

明治28年(1895)8月22日正午前、台風が高知県須崎市西方から上陸した。徳島では一日の雨量が177.4ミリとなったが、和食では401ミリに達し、那... 続きを読む

明治28年8月の台風

明治28年(1895)8月22日正午前、台風が高知県須崎市西方から上陸した。徳島では一日の雨量が177.4ミリとなったが、和食では401ミリに達し、那... 続きを読む

明治32年6月の台風

明治32年(1899)6月8日6時、台風が北九州に上陸した。徳島県では200ミリ内外の大雨が降った。7日の雨量は和食283ミリ、徳島219ミリ、小松島... 続きを読む