昭和9年3月の暴風

災害年月日
1934年03月21日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)3月20日夜から21日にかけて日本海で発達した低気圧は、22日朝樺太南東海上に達した時には704ミリとなり、暴風猛烈を極めた。徳島の近海では大波のため交通混乱し、牟岐では漁船2隻が大破、美馬郡では小学校の倒壊があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、47頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 低気圧
NO.
徳島5728

よく似た災害

昭和9年3月の暴風

昭和9年(1934)3月20日夜から21日にかけて日本海で発達した低気圧は、22日朝樺太南東海上に達した時には704ミリとなり、暴風猛烈を極めた。徳島... 続きを読む

昭和9年3月の暴風

昭和9年(1934)3月20日夜から21日にかけて日本海で発達した低気圧は、22日朝樺太南東海上に達した時には704ミリとなり、暴風猛烈を極めた。徳島... 続きを読む

昭和10年3月の暴風

昭和10年(1935)3月24日、発達した低気圧が四国沖を通り暴風雨となった。県南の多雨地で100ミリを越える所も出たが、一般には少なく、殊に吉野川沿... 続きを読む

昭和10年3月の暴風

昭和10年(1935)3月24日、発達した低気圧が四国沖を通り暴風雨となった。県南の多雨地で100ミリを越える所も出たが、一般には少なく、殊に吉野川沿... 続きを読む

昭和10年3月の暴風

昭和10年(1935)3月24日、発達した低気圧が四国沖を通り暴風雨となった。県南の多雨地で100ミリを越える所も出たが、一般には少なく、殊に吉野川沿... 続きを読む