昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。徳島県では県南部の津波被害が甚大であったため、徳島市の被害は注目されてこなかった。この研究では、徳島市消防局「昭和南海地震体験談に見る徳島市の姿と知恵」(2003年)をもとに、昭和南海地震における徳島市の被害の様相を再現し、現在の徳島市における南海地震による被害発生の潜在的な危険性を指摘している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大谷寛・村上仁士・上月康則「徳島市における昭和南海地震の被害様相再現へのアプローチ」(歴史地震研究会編「歴史地震No.19」2003年)、139-145頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 徳島市消防局 体験談
NO.
徳島331

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)の南海地震により、足摺岬半島の全域で隆起し、唐船島に生物遺骸の隆起痕跡が残されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。昭和南海地震による上ノ加江の被害の様子を示す資料として、「南海地震記録」(佐竹正成氏)などが紹... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生し、主に津波により徳島県では202人の死者が出た。この研究では、被災者に関する文献調査... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震による津波のため、小松島市では死者1人の被害を出した。この報告では、小松島市での昭和南海地震被害に関する資料収集を行う... 続きを読む