大正元年の洪水

災害年月日
1912年00月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、吉野川は大洪水に見舞われた。この時の洪水氾濫痕跡は今も古い民家の納屋の壁や戸袋に残っている。最近行った痕跡の調査結果から、洪水の氾濫は軒下浸水の規模であったことが分かっている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松尾裕治「吉野川の改修と第十堰」(吉野川学会編「学会誌吉野川 第2号」吉野川学会、1999年)、59頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 吉野川 洪水痕跡
NO.
徳島5991

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)、洪水。北島町には洪水痕跡が多く残っている。 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)、吉野川で洪水があった。その洪水の痕跡を示した石柱が山川町に残されている。石柱の側面には8尺7寸と刻まれており、この付近で約2.6... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日、夜来の豪雨により、吉野川をはじめ那賀川、勝浦川は大増水した。(徳島日日新報による)/「板野郡誌」によれば、水かさは田の... 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)の大洪水の洪水痕跡を示した石柱が、山川町の吉野川改修記念碑の横に立っている。石柱の高さは記念碑の土台から約2.6mである。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、吉野川は洪水で、板野郡誌によると、撫養署の調査では「水かさは田地面の上1丈で潮水の浸入は5尺」というから、下板地方が洪... 続きを読む