享和元年の洪水

災害年月日
1801年00月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
享和元年(1801)、吉野川で洪水が起こった。この論文では、徳島藩の郡代たちの民情視察の報告書である「一昨年以来相手懸候御用方申上帳」(享和2年刊行)に基づき、被災実態等を明らかにしている。これによると、享和元年の洪水により、被災家数は阿波・麻植郡3,018軒、名西郡1,409軒、名東郡3,514軒、板野郡926軒に及んだ。洪水被害は岩津狭窄部から下流で大きく、特に中下流の南岸で大きいことが分かる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松下師一「徳島藩地方改革における吉野川治水事業-享和元年の洪水を事例として-」(吉野川学会編「学会誌吉野川 第3号」吉野川学会、2000年)、39-64頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 吉野川 一昨年以来相手懸候御用方申上帳
NO.
徳島5992

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)、吉野川で洪水が起こった。この発表では、徳島藩の郡代たちの民情視察の報告書である「一昨年以来相手懸候御用方申上帳」(享和2年刊行)... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、吉野川洪水。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による) 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、伊予国各地で洪水が起こり、大きな被害が出た。 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)秋に、二度の洪水があった。旧吉野川流域では、各所で堤防が壊れ、家々が流され、人や家畜が大きな被害を受けた。広島でも、洪水で土地が川... 続きを読む