昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月16日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬に上陸し、徳島県南岸沿いに紀伊水道を北上した。吉野川流域では14日から16日にかけて大雨が降り、総雨量は本川上流長沢で666ミリ、中流穴吹で545ミリ、鴨島で394ミリ、下流徳島で237ミリを記録した。一方、水位は16日11時に池田町板野で警戒水位9.00mを突破して最高水位12.6m、ピーク流量10,020立米/秒、基準地点岩津では16日20時に最高水位7.00mを記録し警戒水位を1.50m上回り、ピーク流量11,96.0立米/秒を記録した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「吉野川百年史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1993年)、259-260頁及び265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
第二室戸台風 吉野川 大雨
NO.
徳島6149

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、総雨量は長沢で1,855ミリ、大北川で1,659ミリ、早明浦で1,574ミリ、柳瀬で1,25... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時、台風10号が高知県佐賀町付近に上陸し、四国山脈を越え瀬戸内海を越え、広島県呉市に再上陸し、日本海に抜けた。総雨量... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日1時、台風12号により、池田町イタノ町では警戒水位9.0mを突破し、最高15.8mを記録し、ピーク流量は池田で12,6... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風は日和佐に上陸し、阿南市から小松島市和田鼻を通過して阪神間を北東に抜けた。那賀川では16日15時に最高水... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)台風10号により、洪水流量は池田で13,200立米/秒、、岩津で12,800立米/秒。河道災害大。14時、池田町板野で警戒水位9... 続きを読む