宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震による津波のため、牟岐、浅川で250人が流死したほか、徳島の城下でも士族屋敷や民家が倒れ、多数の死傷者が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
毎日新聞社編「吉野川」(毎日新聞社、1960年)、106頁及び109頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 死者 牟岐 浅川
NO.
徳島6301

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。大潮入り来たりて、宍喰浦では溺死者11人、浦中の漁船・漁具・家屋・土蔵までも流失した。徳島城下では地裂け... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。大潮入り来たりて、宍喰浦では溺死者11人、浦中の漁船・漁具・家屋・土蔵までも流失した。徳島城下では地裂け... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀伊沖大地震により、徳島城下で地裂、人家倒れ死傷多し、士民を救恤す。(六国史、類聚国史、蜂須賀家記等による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分、M8.4のわが国最大級の地震が紀伊半島沖で起きた。津波により、宍喰では家屋や蔵、漁具などが流され、男女1... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、潮岬南方を震源とするM8.4の地震が発生し、それに伴い津波も発生した。愛媛県内の記録は極めて少ないが、宇和島の「伊達図... 続きを読む