天保10年の洪水

災害年月日
1839年00月00日
市町村
徳島県美馬市(穴吹町)
災害種類
風水害  
概要
天保10年(1839)、大洪水により、土佐の御用木ヒノキ749本が吉野川へ流出し、舞中島も大きな被害を受けた。その折の死亡者を供養するため、光泉寺の境内には地蔵尊が建立されている。(宮崎淳)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
とくしま地域政策研究所編「吉野川事典-自然/歴史/文化」(農山漁村文化協会、1999年)、267頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 土佐流材 舞中島 死者
NO.
徳島6703

よく似た災害

天保10年の洪水

image

天保10年(1839)、連日の大雨による大洪水で、土佐の御用木桧材749本が吉野川に流出し、舞中島は大きな被害を受けた。この水害でなくなった人を供養す... 続きを読む

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日、高知市付近に上陸した台風により、物部川流域は大きな被害を受けた。23日から26日まで4日間続いた雨で、物部川は大増水... 続きを読む

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日、高知市付近に上陸した台風により、物部川流域は大きな被害を受けた。23日から26日まで4日間続いた雨で、物部川は大増水... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、伊野町では23人に犠牲者を出した。なかでも神谷割石地区では、集会所に避難中の住民が土石流の... 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)閏7月6日、大水、大風により井関が大きな被害を受けた。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む