明治32年の干ばつ

災害年月日
1899年00月00日
市町村
徳島県吉野川市(川島町)
災害種類
渇水  
概要
明治32年(1899)、大干害により、麻植郡・名西郡では麻名用水の開設促進が強く望まれ、明治39年から7年の歳月を費やして完成した。
地理院地図
Googleマップ
備考
川島町城山に麻名用水碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「吉野川下流域史跡ガイド 川澄み人住み歴史あり」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1996年)、34頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 麻名用水
NO.
徳島6801

よく似た災害

明治37年の干ばつ

image

明治37年(1904)、大干ばつが発生した。これが契機になり、井内恭太郎らの尽力により、麻名用水が明治45年(1912)に完成した。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む

昭和22年7月の豪雨

image

昭和22年(1947)7月、豪雨のため、前年の災害から復旧途上の大谷池の堤防が流失した。しかし、住民の熱意により、大谷池の復旧工事は3年6ヶ月と98,... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)6月、干ばつにより農作物被害。(徳島気象台の記録による) なお、市場町の干ばつは昭和43年以降一度も発生していない。これは、昭和... 続きを読む