昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月16日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月16日9時、第二室戸台風が室戸西方に上陸し、徳島県南岸から徳島の南を通り、阪神間に上陸して夕刻富山湾に抜けた。総雨量は剣山、雲早山、坂州で700ミリ以上となり、那賀川の古庄では最高水位7.38m、ピーク流量6,210立米/秒を記録した。那賀川の下流部では堤防漏水、低水護岸前面の洗掘、根固めのための捨石の流失、堤防表法の崩壊等の被害が生じた。また、無堤の楠根・十八女地区では100軒が浸水、護岸の洗掘300m、根固洗掘150m、捨石流失250m、堤防漏水500mに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「那賀川改修史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1981年)、94頁及び104頁及び123頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
第二室戸台風 那賀川 洪水 楠根 十八女
NO.
徳島6914

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風は日和佐に上陸し、阿南市から小松島市和田鼻を通過して阪神間を北東に抜けた。那賀川では16日15時に最高水... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時、第二室戸台風が室戸西方に上陸し、徳島県南岸から徳島の南を通り、阪神間に上陸し夕刻富山湾に抜けた。那賀川流域では1... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日8時過ぎ、台風10号が高知県佐賀町付近に上陸し、四国西部、中国地方を横断して日本海に抜けた。総雨量は四国山岳部で300... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月、台風23号により降雨が長期間になったため、被害は甚大になった。主に中下流部で家屋の全壊・流出、床上・床下浸水、農地浸水等の... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月、台風23号により降雨が長期間になったため、被害は甚大になった。主に中下流部で家屋の全壊・流出、床上・床下浸水、農地浸水等の... 続きを読む