明治15年の降雹

災害年月日
1882年05月00日
市町村
徳島県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
明治15年(1882)5月、徳島県等で大雹降り、耕作物を害すること多かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、569頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹
NO.
徳島7210

よく似た災害

元禄8年の降雹

元禄8年(1696)8月30日、中之川で梅実大のひょうが降り、作物を害す。 続きを読む

明治15年の大雪

明治15年(1882)5月、徳島ほか10県に大雪、耕作物害多し。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

明治37年の降雹

明治37年(1904)10月5日、各地にひょう降り、作物に害。桜井では直径12ミリ。(「愛媛県誌概説 下」による) 続きを読む

明治45年の降雹

明治45年(1912)4月19日、空豆大のひょうが降り、農作物の被害大。屋根瓦、ガラス戸など多く破損した。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月、稀有の洪水により、相当大きな被害があったが、記録がないので詳説することができない。ただし、洪水に伴う井堰堤防などの決壊、川... 続きを読む