昭和24年のヘスター台風

災害年月日
1949年00月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)、ヘスター台風による集中豪雨のため、三野町では常時は水のない谷が怒り狂った猛獣のように激流となり、家屋を押しつぶした。その大きな要因の一つとして、戦時中の山林乱伐のために山の保水力が低下したことがあげられる。(「吉野川の民話・伝説」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、305頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
ヘスター台風 集中豪雨 山林乱伐 山の保水力 吉野川の民話・伝説
NO.
徳島7360

よく似た災害

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月31日、昨夜来の豪雨のため、小川堤防危険との情報があり、急報サイレンにより警防団員が召集された。御用橋は通行禁止。不動橋付近... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月30日午後9時頃から翌31日午前5時までどしゃ降りとなり、この間に300ミリという大量の雨が降った。これは三野町の年間雨量の... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月31日、ヘスター台風により、三野町では重傷者1人、軽傷者4人、住家の全壊21戸、流失4戸、半壊40戸、床上浸水28戸、床下浸... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月30日、ヘスター台風が三重県に上陸後、若狭湾に入って消滅した。県内の大部分では100ミリ以下の雨で終わったが、岩倉で236ミ... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月30日、ヘスター台風が三重県に上陸後、若狭湾に入って消滅した。県内の大部分では100ミリ以下の雨で終わったが、岩倉で236ミ... 続きを読む