明治25年の高磯山の崩壊

災害年月日
1892年07月00日
市町村
徳島県那賀町(上那賀町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月、暴風雨により、那賀町上那賀の高磯山(611m)が崩壊し、流出した土砂で那賀川は流れをせき止められた。この時、平谷の妙法寺の薬師堂が水に浮き、逆流して平谷八幡神社の上のあたりにまで浮かんでいったが、せき止めた土砂が決壊したため、薬師堂は元の場所に戻った。(「上那賀のむかし話」による)/また、せき止めた土砂が決壊した際には、下流には空砲があちらこちらの村で鳴らされたり、情報が飛脚や半鐘などで下流に伝えられていた。(「わたしの町のむかし話」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
平谷の妙法寺の薬師堂と平谷八幡神社に関する情報を提供する。
参考画像

参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究論文集Vol.27」2008年)、83-84頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
高磯山崩壊 那賀川 せき止め 上那賀のむかし話 情報伝達
NO.
徳島7365

よく似た災害

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

明治18年の茶園岳の大崩壊

image

明治18年(1885)6月、吉野川支流曽江谷川本流の通称茶園の大崩壊で、上流7.3kmに及ぶ洪水を一時せき止め、その後せき止めた土砂が決壊しため下流一... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、豪雨により、那賀町(上那賀町)大戸の高磯山で大崩壊が発生し、約400万立米の崩壊土砂が那賀川を堰き止めて天然ダムを形成し、2日... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前11時から正午頃、台風による暴風雨で、上那賀町大戸の高磯山(611m)が崩壊した。崩壊した土砂は那賀川を越えて対岸... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月、台風により、木頭村高磯山の崩壊。人家15戸埋没、流出150戸、土砂が那賀川をせき止め逆流。(「徳島県災異誌」、「水害統計」... 続きを読む